NEWS

2016.09.02 「Photoshopとpapervision3dでテクスチャ付3Dを作成する(4)」を更新しました。

  • Web creators

アニメーション

シェイプトゥイーン

概要

通常のトゥイーンでは拡大・縮小等しかできませんが、シェイプトゥイーンを利用すると曲線の制御など柔軟なアニメーションを行うことができます。

サンプル解説

ロゴが変化します。
右側は通常のシェイプトゥイーン、左側がシェイプトゥイーンにシェイプヘルプを加えた状態です。

作成法

(1) ステージの設定
  ・ステージに変形する前の絵を設置します。
  ※設置する絵はシンボル化していない状態でないといけません。
ステージの設定
   
(2) シェイプの設定
  ・タイムフレームを選択して、プロパティのトゥイーンを「シェイプ」にします。
シェイプの設定
   
(3) キーフレームの設定
  ・変形後のフレームとしてキーフレームを設定します。
キーフレームの設定
   
(4) 変形後の絵を設置
  ・設定したキーフレームに変形後の絵を設置します。
  ※設置する絵はシンボル化していない状態でないといけません。
絵の設置
   
(5) シェイプヒントの追加
  ・変形開始フレームに設置した絵を選択して、「修正」→「シェイプ」→「シェイプヒントの追加」を選びます。
シェイプヒントの追加
 
(6) 開始フレームにシェイプヒントを設定
  ・シェイプヒントを基点にしたい箇所に設置します。(アルファベットはヒントを追加するたびに増えます)
 
(7) 終了フレームにシェイプヒントを設定
  ・(6)同様、シェイプヒントを基点にしたい箇所に設置します。
   

解説

シェイプトゥイーンはシェイプヒントが必要ない場合もありますが、意図した通りの動きにならない場合はシェイプヒントを利用します。
また、シェイプヒントを追加しても複雑な動きには対応できないこともあり、変形後の絵の位置を少し移動させたり、大きさを変えるとうまく動作することがあります。

ページ上部へ