NEWS

2016.09.02 「Photoshopとpapervision3dでテクスチャ付3Dを作成する(4)」を更新しました。

  • Web creators

ActionScript

ActionScriptだけで画像を表示する

概要

ライブラリに保存した画像をActionScriptだけで表示することができます。

サンプル解説

Flashがブラウザに表示されると同時にFLVファイルが読み込まれ、再生を開始します。
「フルスクリーン」ボタンをクリックすると動画部分のみ全画面表示し、「ESC」キーを押下することで元の表示に戻ります。

Adobe Flash Player を取得

作成法

(1)表示する画像を用意

・ライブラリに画像を用意。

ライブラリに画像を用意

(2)ASリンゲージを設定

・ライブラリの画像を右クリックし、プロパティを開く。

ビットマッププロパティを開く

・ActionScriptタブを選択。
・「ActionScript用に書き出し」にチェック。
・クラスに任意の文字列を入力。

書き出し用設定

・「OK」を押すと警告が表示。

ActionScriptクラスに関する警告

・警告画面でも「OK」を押すとライブラリにクラス名が入る。。

ライブラリ内の画像

(3)ステージのActionScriptに追記

・レイヤー「レイヤー 1」にActionScriptを記述。

ActionScriptの記述

01
02
03
04
var BitmapDataObject:BitmapData = new BitmapData(300, 300, false, 0x000000);
BitmapDataObject.draw(new Img);
var setImg:Bitmap = new Bitmap(BitmapDataObject);
addChild(setImg);

解説

ActionScriptだけで画像を表示する場合、ライブラリに保存しただけではプログラムが認識できないため、ASリンゲージで固有名を指定しています。
画像はBitmapDataで指定した器(AS1行目)に対してAS2行目でASリンゲージ「Img」を絵画しています。
newを付与しているのは、ASリンゲージを指定する際に表示された警告の通り、クラス定義されているためです。
BitmapDataだけではステージ表示できないため、AS3行目でタイムラインに表示できるBitmapクラスを使い格納し、4行目で配置しています。
このようにBitmapDataオブジェクトを作成しBitmapインスタンスに表示していますが、下記のように短縮することも可能です。

01
02
var setImg:Bitmap = new Bitmap(new Img(0, 0));
addChild( setImg );

ページ上部へ