NEWS

2016.09.02 「Photoshopとpapervision3dでテクスチャ付3Dを作成する(4)」を更新しました。

  • Web creators

ActionScript

FLVのキューポイント到達時にアクションする

概要

FLV動画にイベント処理のきっかけとなるキューポイントを設定しておくことで、動画再生中にキューポイントに達するとFlashに何らかのアクションを起こさせることができます。
キューポイントの設定方法については下記を参照して下さい。
[参考:FLV動画にキューポイントを設定する]

また、FLVの再生についても下記を参照して下さい。
[参考:ActionScriptだけでFLVを再生する]

サンプル解説

Flashがブラウザに表示されると同時にFLVファイルが読み込まれ、再生を開始します。
FLV動画には5秒と10秒時点にキューポイントを設定しており、動画下部に表示されます。

作成法

(1)ステージにダイナミックテキストを配置

・レイヤー「レイヤー 1」にダイナミックテキストを配置。
・インスタンス名を「com01」とする

ステージに配置

(2)ステージにActionScriptの設定

・レイヤー「レイヤー 1」に以下のActionScriptを設定。

01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
var vi:Video = new Video();
addChild(vi);

var obj : Object = new Object();

var nc:NetConnection = new NetConnection();
nc.connect(null);
 
var ns:NetStream = new NetStream(nc);
ns.play("SD01_1.flv");

vi.attachNetStream(ns);
ns.client = obj;
ns.client.onCuePoint = ns_onCuePoint;

function ns_onCuePoint(item:Object):void {
  com01.text = item.name + "\t" + item.time;
}

解説

このサンプルはあらかじめ動画ファイルであるFLVを用意しています。
"FLV動画にキューポイントを設定する"にある通り、5秒地点のキューポイント名を"cue_01"、10秒地点のキューポイントを"cue_02"としています。
ActionScriptの01から13行目でFLVの再生を行います。詳しくは"ActionScriptだけでFLVを再生する "に記載しています。
14行目は再生中にキューポイントがあるとその下記にある"ns_onCuePoint"を実行します。
17行目は実際にアクションを指定している箇所で、今回はキューポイントの名前とその時間をステージ上に配置したダイナミックテキストに表示するようにしています。

ページ上部へ