NEWS

2016.09.02 「Photoshopとpapervision3dでテクスチャ付3Dを作成する(4)」を更新しました。

  • Web creators

ActionScript

日時の取得 2

概要

ActionScriptを使用して閲覧しているパソコンの日時を取得し、自分で用意したイラストで日時を表示します。
日時の取得」がテキストベースだったのに対し、今回はイラストベースになります。

サンプル解説

時間、分、秒を取得して表示します。

作成法

(1) シンボルの作成
  ・日時を表示するための数値イラストを作成します。
  ・「0」から「9」までの数値を用意します。
数値シンボル作成
  ・作成したシンボルを使用して、「時間」、「分」、「秒」のシンボルを作成します。
  ・時間は「hou」、分は「min」、秒は「sec」というシンボルにします。
ステージに設置するシンボルを作成
  ・時間のシンボル「hou」を以下のように作成します。
  ・レイヤー1にはActionscriptを設定します。
 
01
stop();
  ・0フレームを「00」として、1フレーム増える毎に+1カウントさせます。最後の24フレーム目は「23」になります。
  ・同様に分のシンボル「min」と秒のシンボル「sec」を60フレーム目が「59」になるように作成します。
  ・ActionScriptを設定するシンボルを作成します。(表示させないため、形・色は問いません)
ダミーシンボルの作成
(2) シンボルをステージに配置
  ・作成したシンボルをステージ外に設置します。
シンボルをステージに設置
(3) 設置したシンボル選択し、ActionScriptを設定
  ・時間のシンボルに以下を設定します。
 
01
02
03
onClipEvent (enterFrame) {
 this.gotoAndStop(_root.hour+1);
}
  ・分のシンボルに以下を設定します。
 
01
02
03
onClipEvent (enterFrame) {
 this.gotoAndStop(_root.minute+1);
}
  ・秒のシンボルに以下を設定します。
 
01
02
03
onClipEvent (enterFrame) {
 this.gotoAndStop(_root.second+1);
}
  ・ダミーシンボルに以下を設定します。
 
01
02
03
04
05
06
onClipEvent (enterFrame) {
 getdate = new Date();
 _root.hour = getdate.getHours();
 _root.minute = getdate.getMinutes();
 _root.second = getdate.getSeconds();
}

解説

「時間」「分」「秒」のシンボルは該当する数値のフレームが表示されるように番号順に並べています。
ダミーシンボル内のActionScriptで現在の時刻を取得して、「時間」「分」「秒」それぞれの値を変数に代入しています。
「時間」「分」「秒」それぞれのActionScriptで+1しているのは、0フレーム目に「00」を配置しているためです。

ページ上部へ