NEWS

2016.09.02 「Photoshopとpapervision3dでテクスチャ付3Dを作成する(4)」を更新しました。

  • Web creators

ActionScript

シンボルの重なり順

概要

ステージに配置したシンボルには重なり順となる深度を持っています。
通常はステージに配置した順に積み重なっていきますが、ActionScriptを利用するとこの重なり順を変えることができます。

サンプル解説

ボールをクリックすると、そのボールは最前面に配置されます。
深度を数値化したものが右上に表示され、クリックするごとに増加します。

作成法

(1) シンボルの作成
  ・ボールを作成。(下図では画像を使用)
  ・ボールを8つ複製し、それぞれに番号を記載する。
シンボルの作成
(2) シンボルをステージに配置
  ・ActionScriptを記述するレイヤー「Action」を設定
  ・深度の数値を表示するレイヤー「深度」を設定
  ・ボールを設置するレイヤー「ボール」を設定
  ・枠線を設置するレイヤー「枠線」を設定
  ・作成したボールをステージに設置
  ・深度表示するダイナミックテキストを配置して、変数を「depth」とする
  ・「Action」に下記のActionScriptを記述する
 
01
_root.depth = 1;
ステージに配置
(3) 設置したボールを選択し、ActionScriptを設定
  ・8つのボールそれぞれに以下のActionScriptを記述
 
01
02
03
04
05
06
07
08
09
on (press) {
 _root.depth += 1;
 this.swapDepths(_root.depth);
 startDrag(this , false);
}
 
on (release) {
 stopDrag();
}

解説

ステージに記述した1行のActionScriptは、深度の初期値を設定しています。
Flashが表示されたときの深度の値はこの設定値があるためです。
ボールに設定したActionScriptは、移動できるようにクリックするとドラッグを開始し、クリックを解除するとドロップするようにしています。
その2行目で、深度の数値を変えて次の行でシンボルの深度に適応させています。
数値が大きいほど最前面に表示されます。

1つの深度には1つのシンボルしか存在できないため、複数のシンボルに同じ深度を設定した場合はそれらのシンボルが表示されないことがあります。

ページ上部へ