NEWS

2016.09.02 「Photoshopとpapervision3dでテクスチャ付3Dを作成する(4)」を更新しました。

  • Web creators

ActionScript

動的に図形を描く(三角形)

概要

ActionScriptを利用して図形を描くことが可能です。

サンプル解説

キャンバスに三角形が描かれます。

作成法

(1) ステージの設定
  ・タイムラインにActionScriptを設定するフレームを一つ作ります。
  ・作成例としてキャンバスサイズを400×200pxにします。
キャンバスサイズ設定
(2) ActionScriptを設定
  ・フレームにActionScriptを設定します。
 
01
02
03
04
05
06
this.beginFill (0xb3c5db, 100);
this.lineStyle (0, 0xffffff, 100);
this.moveTo (100, 50);
this.lineTo (300, 50);
this.lineTo (300, 150);
this.endFill ();

解説

図形を描くメリットは、図形の各点を結んで表示するためFLASH再生中に変形させることが可能です。
しかし、点の座標を指定する必要があるので図形を配置したときをイメージしなければなりません。

イメージ図

図は、それぞれの点の座標です。

ActionScriptの1行目は絵画の始まりをしめしています。塗りの色を指定するときもここで指定します。
2行目は線の指定です。
3〜4行目は点の指定です。今回は三角形なので3点を指定します。
もし四角形にする場合は「this.lineTo (**, **);」を1行追加します。
各点は時計回りに指定します。

ページ上部へ