NEWS

2017.10.21 「バージョンごとの機能比較」を更新しました。

  • Web creators

ActionScript

ActionScriptだけでFLVを再生する

概要

ActionScript2.0以降よりコンポーネントなどを使って動画ファイルであるFLVを簡単に再生させることができるようになりました。
ActionScript3.0からはスクリプトを数行書くだけで再生することができるようになるため、例を紹介します。
[参考:flvを利用した擬似ストリーミング再生]

サンプル解説

Flashがブラウザに表示されると同時にFLVファイルが読み込まれ、再生を開始します。

作成法

(1)ステージにActionScriptの設定

・レイヤー「レイヤー 1」に以下のActionScriptを設定。

01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
var vi:Video = new Video();
addChild(vi);

var obj : Object = new Object();

var nc:NetConnection = new NetConnection();
nc.connect(null);
 
var ns:NetStream = new NetStream(nc);
ns.play("SD01_1.flv");

vi.attachNetStream(ns);
ns.client = obj;

解説

このサンプルはあらかじめ動画ファイルであるFLVを用意しています。
FLVへの変換は「動画ファイルをflvに変換(CS4以降)-Adobe Media Encoder-」を参照して下さい。
1行目は動画を再生するインスタンスを作成し、2行目でステージに配置しています。
4行目でオブジェクトを作成していますが、これは13行目の「.client」の受け先として必要になります。
13行目が無いと動画は再生されますが、「flash.net.NetStream はコールバック onMetaData を呼び出すことができませんでした。」とエラー表示されます。これはF4VまたはFLVファイルデータをストリーミングする上で、コールバックメソッドの呼び出し元が必要となるためです。
6行目ではファイルにアクセスするためのコネクションを作成し、ストリーミング再生をするために7行目のように"null"を指定しています。
9行目で「NetConnection」経由で単方向ストリーミングチャンネルを呼び出し、10行目で指定のファイルを再生します。

ページ上部へ