NEWS

2016.09.02 「Photoshopとpapervision3dでテクスチャ付3Dを作成する(4)」を更新しました。

  • Web creators

ActionScript

SWFファイルの読み込み

概要

1つのSWFファイル内に複数のアニメーションシーンが存在するとファイル容量が大きくなり、読み込み時間の点で閲覧者に負担をかけてしまいます。
そこで、シーン毎にSWFファイルを作り、それらを読み込むことで少しでも待ち時間を短縮することができます。
また、複数のSWFを用意すれば動画プレイヤーのように活用することもできます。

サンプル解説

2つのボタンのどちらかを選択してください。
選択後、それぞれ異なったアニメーションが表示されます。

作成法

(1) 1つ目のアニメーションの作成
  ・アニメーション作成のため、新規でFLAファイルを作成する。
  ・パブリッシュしてSWFファイルの作成。(「loadmovie_part01.swf」とする)
  ・レイヤー2に背景となるシンボルを設置する。
1つ目のアニメーション
(2) 2つ目のアニメーションの作成
  ・(1)同様、アニメーション作成のため、新規でFLAファイルを作成する。
  ・パブリッシュしてSWFファイルの作成。(「loadmovie_part02.swf」とする)
  ・レイヤー2に背景となるシンボルを設置する。
2つ目のアニメーション
(3) SWFを読み込むファイルを作成
  ・SWFを読み込むファイルが必要なため、新規でFLAファイルを作成する。
(4) シンボルの作成
  ・外部のSWFファイルが表示されるパーツを作成する。(下図、「ターゲット」)
  ・作成する際、配置する座標を、X座標:0、Y座標:0とする。
  ・読み込んだSWFファイルをサイズ通りに表示させるパーツを作成。(上記、「ターゲット」を複製)
  ・読み込んだSWFファイルを切り替えるボタンを作成。
シンボルの作成
(5) 外部SWFファイルの表示領域の作成
  ・ライブラリ内のシンボル「スクリーン」の編集画面にする。
  ・上のレイヤーにシンボル「スクリーン」、下のレイヤーのシンボル「ターゲット」を配置する。
  ・配置した「ターゲット」シンボルにインスタンス名「TARGET」と入力する。
  ・配置した「スクリーン」シンボルと「ターゲット」シンボルがズレないように配置する。
  ※下図のようにそれぞれシンボルが重なっているため、1つに見える。
  ・レイヤー「スクリーン」を基点にマスクの設定。
表示領域の作成
(5) ステージにシンボルを配置
  ・各シンボルを図のように配置する。
  ※配置するシンボルは「スクリーン」とボタン2つの計3つ。
  ※ボタンに表示されている数値はステージに静止テキストを直接配置している。
  ・「スクリーン」シンボルにインスタンス名「VIDEO」と入力。
ステージに配置
(6) 上側のボタンを選択し、ActionScriptを設定
 
01
02
03
on (release) {
 _root.VIDEO.TARGET.loadMovie("loadmovie_part01.swf");
}
(7) 下側のボタンを選択し、ActionScriptを設定
 
01
02
03
on (release) {
 _root.VIDEO.TARGET.loadMovie("loadmovie_part02.swf");
}

解説

(1)と(2)で背景となるシンボル設けているのは、読み込む側の背景色で表示されるため、読み込まれる側はステージの背景色だけでなくシンボルを使用して背景を設置する必要があります。
(6)と(7)でステージ上の「TARGET」に表示させるように設定しています。
しかしこのままだと(1)と(2)の絵のようにステージ外に配置したシンボルも表示されてしまうため、(5)で表示させたい大きさにマスクの設定をしています。この設定で表示させるサイズを固定することができます。

ページ上部へ