NEWS

2016.09.02 「Photoshopとpapervision3dでテクスチャ付3Dを作成する(4)」を更新しました。

  • Web creators

ActionScript

Jpeg画像の読み込み

概要

FLASH作成時に画像を読み込んでその画像も一緒にパブリッシュすると、画像を変更したい時にはFLAファイルを編集することになります。
ActionScriptと外部テキストファイルを使用することでFLASHのソフトが無い環境でも画像変更することが可能です。

サンプル解説

FLASHが表示されたと同時に、外部のJpeg画像を読み込みます。
デバッグ用に画像へのパスが書かれたテキストファイルの内容も表示させています。

作成法

(1) 画像フォルダと画像の用意
  ・swfファイルを設置する場所に画像を置くフォルダ「file」を作成します。
  ・「file」フォルダにJpeg画像を設置します。(画像名は「01.jpg」)
(2) 外部テキストファイルの設置
  ・swfファイルを設置する場所に画像へのパスを明記したテキストファイルを設置します。(ファイル名は「imgpath.txt」)
 
01
Path=./file/01.jpg
(3) シンボルの作成
  ・画像を読み込むためのシンボルを作成します。(色、形等は何でも構いません)
シンボルの作成
(4) シンボルをステージに配置
  ・ActionScriptを設定するレイヤー作成する(レイヤー名をActionとする)
  ・レイヤー1にシンボルを配置します。
  ・レイヤー1にダイナミックテキストを配置します。
  ・設置したダイナミックテキストにインスタンス名「Path」を設定します。
  インスタンス名の設定
  ・設置したシンボルにインスタンス名「SC」を設定します。
  インスタンス名の設定
(5) ステージにActionScriptを設定
 
01
02
03
04
05
06
07
08
System.useCodepage = true;
imgPath = new LoadVars();
imgPath.load("imgpath.txt");
 
imgPath.onLoad = function() {
 Path.text = imgPath.Path;
 loadMovie(imgPath.Path , "_root.SC");
};

解説

(5)の1行目は文字化けを防止するためのものです。
2、3行目で外部テキストファイルの内容を変数に取り込んでいます。
5行目はSWFが表示されたら常に実行するという命令文です。
6行目でテキストエリアに内容を表示、7行目でステージ上のシンボルに画像が読み込まれます。

ページ上部へ