NEWS

2016.09.02 「Photoshopとpapervision3dでテクスチャ付3Dを作成する(4)」を更新しました。

  • Web creators

ActionScript

テキストファイルの読み込み

概要

外部ファイルとして用意したテキストファイルを読み込み、その文字列を表示することが可能です。
応用するとCGIなどへの値の受け渡しも可能になり、より動的な動作が可能です。

サンプル解説

枠内に表示される文字はSWF内にあるのではなく、外部ファイルのテキストファイルに明記しています。
ボタンを押すと表示している内容が上下にスクロールします。

作成法

(1) テキストファイルの作成
  ・テキストファイルに以下を明記する。
  ・「loadvariables.txt」と名前をつけて保存する。(テキスト名は任意に設定可能)
 
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
Text=【 FLASHRAVE loadvariables 】
(1)1行目
(2)2行目
(3)3行目
(4)4行目
(5)5行目
(6)6行目
(7)7行目
(8)8行目
(9)9行目
(10)10行目
(2) シンボルの作成
  ・スクロールボタンとなるシンボルを作成する。
シンボルの作成
(3) シンボルをステージに配置
  ・ActionScriptを設定するレイヤー作成する(レイヤー名をActionとする)
  ・空欄のテキストエリアを図のように配置する。
  ・作成したシンボルを上向きと下向きに配置する。
ステージに設置
(4) ステージに設置したテキストエリアの設定
  ・ダイナミックテキストにして変数を「Text」と設定。スクロールさせるので複数行の設定も行う。
テキストエリアの設定
(5) ステージの「Action」レイヤーにActionScriptを設定
 
01
02
System.useCodepage = true ;
loadVariables ("loadvariables.txt" , _root);
(6) 上向きのボタンシンボルにActionScriptを設定
 
01
02
03
on (press) {
 Text.scroll = Text.scroll-1;
}
(7) 下向きのボタンシンボルにActionScriptを設定
 
01
02
03
on (press) {
 Text.scroll = Text.scroll+1;
}
(8) SWFファイルとテキストファイルを同じ階層に置き、動作確認

解説

(5)の01で全角文字の文字化けを防止しており、02でテキストファイルを読み込んでいます。
(1)の01の「Text」は(4)の変数名「Text」に文字列を挿入することを意味します。
(6)と(7)では、変数名「Text」に対してそれぞれ値の分だけスクロールさせます。
(6)では1行上がり、(7)では1行下がります。

ページ上部へ