NEWS

2017.10.21 「バージョンごとの機能比較」を更新しました。

  • Web creators

ActionScript

マスクとマスクの追従

概要

マスクを使用すると設置した背景が切り抜かれたような状態で表示されます。
さらにActionScriptを使用することでマスクに動作指定することが可能になります。

サンプル解説

背景が切り抜かれて表示されます。
マスクがマウスに追従するため、設置した背景を見渡すことができます。

作成法

(1) シンボルの作成
  ・マスクするシンボルを作成します。(背景が表示されるため、色は問いません)
マスクシンボルの作成
(2) ステージレイヤーの編集
  ・下図のようにレイヤーを3つ用意します。
レイヤーの設定
(3) シンボルをステージに配置
  ・「マスク」レイヤーに作成したシンボルをステージ外に設置します。
  ・「背景」レイヤーに背景を設置します。
ステージに設置
(4) 設置したシンボル選択し、ActionScriptを設定
  ・「マスク」レイヤーに作成したシンボルを選択し、ActionScriptを設定します。
 
01
02
03
04
onClipEvent (enterFrame) {
 _x += _xmouse/10;
 _y += _ymouse/10;
}
(5) マスクの設定
  ・「マスク」レイヤーを選択し、マスクを設定
マスクの設定
(6) マスク設定後の表示
マスク設定後

解説

(3)でレイヤーを編集する際、マスクはのぞき穴のような役割をするため、マスクするレイヤーは上に、背景は下に設置します。
(4)のActionScriptではマスクがマウスに追従するように設定しています。
(5)はマスクの設定をした後の画面ですが、ここから編集するときはレイヤーがロックされているため、ロックを解除すれば編集可能になります。

ページ上部へ