NEWS

2017.10.21 「バージョンごとの機能比較」を更新しました。

  • Web creators

ActionScript

マウスへの追従

概要

ActionScript「_xmouse」と「_ymouse」によりマウスカーソルの位置を利用した動作が可能になります。
ここではマウスカーソルを追うActionScriptを解説します。

サンプル解説

マウスを動かすと設置したシンボルがマウスカーソルを追いかけます。
また、画面右上にはマウスの位置を数値で表示します。

作成法

(1) シンボルの作成
  ・マウスに追従するシンボルを作成。
シンボルの作成
(2) ステージにシンボルを配置
  ・ActionScriptを設定するレイヤー作成する(レイヤー名をActionとする)。
  ・フレーム1に下図のように各シンボルを配置する。
  ・設置したシンボルにインスタンス名を設定する(インスタンス名:PARTS_01)。
  ・レイヤー「Action」と「レイヤー1」を1フレーム増やす。
ステージへの設置
  ・設置したテキストエリアをダイナミックテキストにする。
  ・X座標は変数「xmouse」、Y座標は変数「ymouse」と設定する。
テキストエリアの設定
(3) ステージにActionScriptを設定
  ・レイヤー「Action」にActionScriptを設定する。
 
01
02
_root.xmouse = _xmouse;
_root.ymouse = _ymouse;
(4) シンボルにActionScriptを設定
  ・設置したシンボル「PARTS_01」を選択してActionScriptを設定する。
 
01
02
03
04
onClipEvent (enterFrame) {
 _x += _xmouse/10;
 _y += _ymouse/10;
}

解説

(2)でフレームを増やしているのは、1フレームだけだとマウスの値を一度しか取得しないためです。
複数のフレームがあると各フレームでマウスの座標を取得します。
(3)のActionScriptでマウスの座標をテキストエリアに表示させます。
(4)でシンボルがマウスカーソルを追います。02、03でシンボルとマウスの差を定数で割って少しずつマウスカーソルの位置に近づくようにしています。
この定数の値が大きいほど早くマウスに近づきます。

ページ上部へ