NEWS

2017.10.21 「バージョンごとの機能比較」を更新しました。

  • Web creators

ActionScript

ムービーの印刷

概要

Flashには印刷に関する関数が用意されているため、ムービー全体だけでなく一部のムービークリップだけを印刷することができます。
Flashで自由にデザイン・レイアウトして印刷用コンテンツを設けるという利用用途が考えられます。

サンプル解説

画像形式をベクターかビットマップかを使い分けて印刷することができます。
サンプルのイラストは背景を透過しているので、ビットマップ形式で印刷した方が効果を維持して印刷することができます。
印刷の対象となるのはグレーの枠線内だけで、タイトルやボタンは印刷されません。

作成法

(1) シンボルの作成
  ・印刷の対象とするシンボルと印刷するためのボタンを用意します。
印刷対象シンボル印刷ボタン
  ・「TARGET」シンボルにグレーの枠線と「ball」シンボルを配置します。
(2) ステージの設定
  ・以下のようにステージ上に印刷対象のシンボルやボタン類を設置します。
  ・印刷対象のシンボルのインスタンス名を「TARGET」と設定します。
ステージに配置
(3) 設置したボタン「ベクター印刷」を選択し、ActionScriptを設定
 
01
02
03
on (release) {
 print(_root.TARGET, "bmovie");
}
(4) 設置したボタン「ビットマップ印刷」を選択し、ActionScriptを設定
 
01
02
03
on (release) {
 printAsBitmap(_root.TARGET, "bmovie");
}

解説

印刷する対象をグレーの枠線内だけにしたいため、シンボル「TARGET」にまとめています。
「ベクター印刷」ボタンに設定したActionScriptには関数"print"を、「ビットマップ印刷」ボタンに設定したActionScriptには関数"printAsBitmap"を利用しており、"print"はベクター形式で印刷を行います。

ページ上部へ