NEWS

2016.09.02 「Photoshopとpapervision3dでテクスチャ付3Dを作成する(4)」を更新しました。

  • Web creators

ActionScript

文字の回転

概要

ActionScript「rotation」を使用することで文字やシンボルを回転させることができます。

サンプル解説

文字が回転している様子を確認できます。

作成法

(1) 回転させる文字の作成
  ・FierworksやIllustratorを使用して円形に配置した文字を作成します。(下図はFireworksで作成)
  ・作成した文字をSWF形式で書き出します。
円形に配置した文字の作成
(2) シンボルの作成
  ・FLASHを起動し、(1)で書き出したSWFファイルをシンボルとして読み込みます。
  ・シンボル名を「Text」とします。(シンボル名は任意です)
シンボルの作成
(3) シンボルをステージに配置
  ・読み込んだシンボルをステージに設置
ステージに配置
(4) 設置したシンボルを選択し、ActionScriptを設定
 
01
02
03
onClipEvent (enterFrame) {
 this._rotation += 1;
}

解説

FLASH上では凝った絵画が難しいため、(1)のように他のアプリケーションを使用して作成します。作成したものはFLASHで取り込めるようにSWF形式に書き出します。
(4)で設定したシンボル自身の回転を設定しています。ここで数値を大きくすると回転速度が上がります。
今回作成したFLASHのフレームレートは72fpsのため、フレームレートの値が大きいとさらに回転する速度が上がります。

ページ上部へ