NEWS

2017.10.21 「バージョンごとの機能比較」を更新しました。

  • Web creators

ActionScript

シンボルの表示・非表示 (『visible』)

概要

ActionScript 『visible』を使用するとステージに設置したシンボルの表示・非表示の設定ができます。

サンプル解説

初期表示は2つのシンボルが表示されています。
それぞれのシンボルの下にあるボタンを押すと、ボタンの上にあるシンボルを表示し、隣のシンボルを非表示にします。

作成法

(1) シンボルの作成
  ・ボタンシンボル「Button」の作成
ボタンの作成
  ・表示・非表示するシンボルの作成(MC01とMC02は色のみが異なる)
シンボル「MC01」シンボル「MC02」
(2) シンボルをステージに配置
ステージに設置
(3) 設置したボタン選択し、ActionScriptを設定
  ・左のシンボル(MC01側)にあるボタンに設定
 
01
02
03
04
on (press) {
 _root.MC01._visible = true;
 _root.MC02._visible = false;
}
  ・右のシンボル(MC02側)にあるボタンに設定
 
01
02
03
04
on (press) {
 _root.MC01._visible = false;
 _root.MC02._visible = true;
}

解説

「visible」は「true」で表示、「false」で非表示になります。
(3)では、押すとそれぞれのシンボルが表示・非表示となるように「true」と「false」の設置を変えています。
非表示にしても見えないだけで、テージ上には存在しているのでパスの指定や再動作等が可能です。

ページ上部へ