NEWS

2017.10.21 「バージョンごとの機能比較」を更新しました。

  • Web creators

操作

共通ライブラリの利用

概要

作成したシンボルを使いまわす場合には"ライブラリ"にシンボルを作成してステージに配置します。
共通したシンボルを使うことでパブリッシュを行ったときのSWFファイルの容量を小さくしたり、修正時の管理が楽になります。
しかし、このライブラリは一つのFLAファイルごとに存在するので、他のFLAファイル内のシンボルは利用できません。
そこで、このよく使用するシンボルを共通ライブラリとして用意しておけば、どのFLAファイルでも利用することが可能になります。

作成法

(1) シンボルの作成
  ・共通ライブラリとして利用するシンボルを作成し、ライブラリに格納します。
シンボルの作成
(2) FLAファイルの保存
  ・FLAファイルを「名前を付けて保存」を行います。
※この時に付ける名前がライブラリ呼び出し時に表示されます。
FLAファイルの保存
(3) サンプルライブラリの確認
  ・共通ライブラリは「ウィンドウ」→「サンプルライブラリ」で確認できます。
  ・確認後、起動しているFlashを落とします。
サンプルライブラリ
(4) FLAファイルの設置
  ・保存したFLAファイルを指定の場所に設置します。
  [設置場所] /Flashをインストールした場所/ja/Configuration/Libraries/
    (例)C:\Program Files\Macromedia\Flash 8\ja\Configuration\Libraries
設置場所
(6) サンプルライブラリの確認
  ・「ウィンドウ」→「サンプルライブラリ」で確認します。
サンプルライブラリ
(7) サンプルライブラリの確認
  ・追加されたライブラリを選択すると、シンボルを選択することができます。
  ・通常のライブラリと同じようにステージにドラッグして設置します。
共通ライブラリ

ページ上部へ