NEWS

2016.09.02 「Photoshopとpapervision3dでテクスチャ付3Dを作成する(4)」を更新しました。

  • Web creators

操作

FlashPlayerのバージョンを検出する

概要

Flashを新しいバージョンで作成した場合、閲覧者のパソコンにインストールされているFlashPlayerも対応していないと正常に動作しないことがあります。
特にActionScriptや、オブジェクトにフィルタをかけている場合に多く見られます。
そこで、Flashを表示するコンテンツにFlashPlayerのバージョンをチェックするJavaScriptを埋め込み、指定するバージョンより低い場合はFlashではなく代替コンテンツを表示させるようにします。

作成法

(1)パブリッシュの設定

・「パブリッシュ設定」ウィンドウを開く
・「HTML」タブ内の「Flashのバージョンを検出」にチェックする
・バージョンを指定する場合はその下の数値を変更

パブリッシュ設定

(2)パブリッシュの実施

・パブリッシュすると書き出されたHTML内にFlashPlayerのバージョンをチェックするJavaScriptが埋め込まれる

解説

通常は「Flashのバージョンを検出」にチェックが入っていないため、チェックを入れるだけでFlashPlayerのバージョンを検出することができます。
代替コンテンツは「このコンテンツには Adobe Flash Player が必要です。」と表示されますが、文字を変更したり画像に差し替えたりと自由に設定することが可能です。
しかしJavaScriptでの検出のため、JavaScriptが使えないブラウザや閲覧者側で無効にされている場合はバージョンチェックはできません。
そのため、noscriptタグ内にも代替コンテンツを用意して閲覧者に利用できない旨を伝えることができます。

ページ上部へ