NEWS

2017.10.21 「バージョンごとの機能比較」を更新しました。

  • Web creators

操作

アニメーションの基礎 -モーショントゥイーン-

概要

Flashのアニメーションの基礎で最も多用されるものに"モーショントゥイーン"と呼ばれる方法があります。
"モーショントゥイーン"は開始時点と終了時点それぞれにアニメーションさせたいシンボルを配置するだけで実現可能で、操作は簡単ながらもこれを応用することでさまざまな演出が可能です。

サンプル解説

シンボルが移動します。

作成法

(1) シンボルの作成
  ・アニメーションさせるシンボルをライブラリに作成します。
シンボルの作成
(2) ステージへ配置
  ・初期のステージは下記のようになっています。
ステージの確認
  ・ライブラリから作成したシンボルをドラッグしてステージに配置します。
シンボルを配置
(3) フレームの設定
  ・20と書かれた下のマスで右クリックします。
  ・「フレームを挿入」を選択します。
フレームを挿入
  ・フレームが延長されたのが確認できます。
延長されたフレーム
(4) キーフレームの挿入
  ・サイド20フレーム目を右クリックし、「キーフレームを挿入」を選択します。
キーフレームの挿入
  ・キーフレームが作成されたのが確認できます。
キーフレーム作成
(5) モーショントゥイーンを作成
  ・先ほど作成したキーフレームより左のフレームを右クリックして「モーショントゥイーンを作成」を選択します。
モーショントゥイーンの作成
  ・モーショントゥイーンが作成されると、フレームの色が青くなり、矢印が表示されます。
モーショントゥイーン作成
(6) シンボルの配置
  ・20フレーム目にクリックし、その状態で左側に配置されているシンボルを空いている場所に移動させます。
シンボルの移動

解説

アニメーションはパラパラマンガと同じく、1コマ1コマにイラストや文字などを配置することで動いているように見えます。
フレームの上に表示されている数値はコマ数を表しています。
モーショントゥイーンは開始時点にあるシンボルの状態から終了時点にあるシンボルの状態に変化させるものなので、今回のように場所を変えることで移動しているように見えます。

ページ上部へ