NEWS

2016.09.02 「Photoshopとpapervision3dでテクスチャ付3Dを作成する(4)」を更新しました。

  • Web creators

操作

Photoshopとpapervision3dでテクスチャ付3Dを作成する(2)

概要

"papervision3d"はFlashを3D描画するために必要なクラスファイルです。
2009年12月以降は最新版の開発はされていないようですが、CS6以降でも活用できるクラスです。
第一回目に引き続き、第二回の今回は画像編集ソフトである"Photoshop"で3D描画するためのデータを書き出します。

解説

1.キャンバスに図形を配置
"Photoshop"を起動後、新規キャンバスに図形を配置します。
今回は四角形を利用します。

キャンバスに図形を配置

2.3D操作により押し出しを作成
上部メニューの"3D"より「選択したレイヤーから新規 3D 押し出しを作成」をクリックします。

3D操作により押し出しを作成

3.3Dオブジェクトの生成
操作後、キャンバスの四角形が3Dのオブジェクトになります。

3Dオブジェクトの生成

4.3Dレイヤーの書き出し
3Dオブジェクトを他ソフトでも利用できるようにデータの書き出しを行います。
上部メニューの"3D"より「3Dレイヤーを書き出し」をクリックします。

3Dレイヤーの書き出し

5.書き出しの種別選択
書き出す先を指定する他、ファイル形式を選択します。
ファイル形式は「Collada(DAE)」を指定します。

書き出し種別の選択

6.テクスチャの形式選択
次いでテクスチャ形式の選択が問われます。
ここでは「JPEG」を指定します。

テクスチャの形式選択

7.書き出しデータの結果
書き出しが終了すると、3Dデータが数値化されたdaeファイルの他、テクスチャなどの画像ファイルが生成されます。
これらのファイルを利用してFlashで3D描画させます。

書き出しデータの結果

ページ上部へ