NEWS

2017.10.21 「バージョンごとの機能比較」を更新しました。

  • Web creators

操作

FLASHのWEB公開 -パブリッシュ-

概要

作成したFLASHファイルはそのままサーバにアップしてもブラウザから見ることはできません。
そこで、WEB公開用のファイルを作成することをパブリッシュと呼びます。

解説

パブリッシュするためには、FLASHの上部メニュー「ファイル」→「パブリッシュの設定」を選択します。

パブリッシュの設定(Flash)

「形式」、「Flash」、「HTML」のタブがあり、主に設定するのは「Flash」と「HTML」です。

パブリッシュ(HTML)

設定を保存するには「OK」を押します。
設定を保存してパブリッシュするには「パブリッシュ」を押します。

生成ファイル

パブリッシュの設定を変更せずに実行すると、作成したFLASHファイル(拡張子:fla)と同じ階層に「HTML」ファイルと「SWF」ファイルが生成されます。

この「SWF」ファイルがFLASHのファイルとなり、「HTML」ファイルには「SWF」ファイルを埋め込む記述がされています。
サーバにはこの2つのファイルをアップロードし、ブラウザから「HTML」ファイルの方にアクセスするとインターネット上から見ることができます。

ページ上部へ