NEWS

2016.09.02 「Photoshopとpapervision3dでテクスチャ付3Dを作成する(4)」を更新しました。

  • Web creators

操作

シーンの追加と名前変更

概要

Flashでアニメーションを作成する場合はタイムラインを利用しますが、その再生時間が長いほどフレーム数が増え、利用するパーツが多いほどレイヤーが多くなり管理が難しくなります。
そこで、パーツや背景など全体的に初期化できる場合は、"シーン"を利用することで管理が容易になります。
また、メニュー画面などインターフェイスとして利用する場合にも、"シーン"を利用することでページ遷移の管理が容易になります。

ここでは、"シーン"の追加とその名前変更について紹介します。

作成法

(1)シーンの確認

・ステージ上部の「シーンの編集ボタン」をクリック
・現在は「シーン 1」であることがわかる

シーンの確認

(2)シーンを追加

・上部メニューの「挿入 -> シーン」を選択

シーンを追加

(3)シーンの確認

・ステージ上部の「シーンの編集ボタン」をクリック
・現在は「シーン 2」であることがわかる

シーンの確認

(4)シーンの名前変更

・上部メニューの「ウィンドウ -> 他のパネル -> シーン」を選択

シーンの名前変更

・シーンパネルが開くので、名前を選択して編集

シーンパネル

解説

Flashを新規で作成すると"シーン 1"として作成することができます。
シーンを追加することで、"シーン 2"となり連番扱いになります。
ActionScriptで特に指定しない限り、パブリッシュすると「シーン 1」→「シーン 2」→「シーン 1」とアニメーションがループします。
シーンを表示する順番を変える場合、シーンの名前を変更することで変更することができます。

ページ上部へ