NEWS

2016.09.02 「Photoshopとpapervision3dでテクスチャ付3Dを作成する(4)」を更新しました。

  • Web creators

FLASH関連

通信時のセキュリティ警告

概要

Flashは単体でのアニメーション動作だけでなく、外部SWF・FLVを読み込んだプレイヤー的な利用、CGIと組み合わせたWebアプリケーションの利用などがあります。

しかし、通信を必要とするWebアプリケーションを制作している中でFlashの制作環境(ローカル環境)で動作させようとすると「実行されようとする操作の安全性が確認されていないため、Adobe Flash Playerは停止しました。」と表示されます。

セキュリティ警告

この警告が表示されても、設定することでローカル環境で動作させることができます。

解説

警告ウィンドウが内にある「設定」を押すと、「コンテンツ作成者のためのグローバルセキュリティ設定」というサイトが表示されます。 この画面よりFlashの保存先を指定することで通信を許可します。

設定画面

画面右側にタブによる設定画面があります。
「グローバルセキュリティ設定」タブを選択します。

グローバルセキュリティ設定

ここで、プルダウンの中から"新規"を選択すると入力フォームが表示されます。

入力フォーム

ここに現在作成中のFlashが保存されている先を入力、または参照します。

許可する場所の登録

追加が完了するとリストに追加され、以後セキュリティの警告は表示されません。

設定完了

許可する先は複数指定できますが、指定場所に保存しているFlashは全て通信が許可されているので、利用後はリストから削除してセキュリティを低下させないようにしたほうがよいでしょう。

ページ上部へ