メンタルが弱い人に向けた書籍「自分を守るために、ちょっとだけ言い返せるようになる本」のまとめ

職場のパワハラやモラハラなどハラスメント防止に対する研修や啓発活動が一般的になりつつ今でも、現場では無くなってなく健全に働くことができないところが少なくないのが実情だが、それに合わせて従業員もメンタルコントロールするための情報を持つ必要があり、メンタルが弱い人に向けた書籍「自分を守るために、ちょっとだけ言い返せるようになる本」について紹介する。

メンタルが弱い人に向けた書籍「自分を守るために、ちょっとだけ言い返せるようになる本」のまとめ

1.パワハラやモラハラなどハラスメントが無くならない実情

パワハラやモラハラなどハラスメントが無くならない実情としては、研修やニュースで話題になってもそれは一過性であり継続しないところである。
または当の本人にハラスメントを行っている自覚が無い点も挙げられる。

ハラスメントに悩む様子


近年、社会の多様性が進む中で、ハラスメントも多様な形をとって現れている。
職場や学校、オンライン空間など、その場所や形態はさまざまだが、ハラスメントを受けた被害者は声を上げることが難しく、孤立感や苦痛を抱えて心(メンタル)を病んでうつ病になったり、休職に追い込まれることもある。

2.メンタルが弱い人の特徴

メンタルが弱い人の特徴としては、日常生活において受け身になりやすかったり、攻撃者にとって言いやすい相手である点が挙げられる。
ポジティブに言い換えると、言われたことを受け止めて事を荒げないので協調性があり、やさしい性格とも言える。

しかし、常に精神的な攻撃に晒されているとメンタルの耐久度がある人でもうつ病の兆候が表れることがあり、自分を守る手段が見つからないまま、辛い状況に置かれることになる。

そこで自分を守るための方法や心の強さを身につけるメンタルコントロールを行うことが重要となるが、受け身のままでは好転しないこともあるので、攻撃されにくい環境を作るために、時には言い返すことも必要になる。

そこで、どのように攻撃者に対して言い返すようにするかが紹介された書籍に「自分を守るために、ちょっとだけ言い返せるようになる本」がある。

3.書籍「自分を守るために、ちょっとだけ言い返せるようになる本」とは

書籍「自分を守るために、ちょっとだけ言い返せるようになる本」とは、ハラスメントに対抗するための方法や、少しの勇気で言い返す力を身につけるヒントが掲載された書籍である。
著者はボイスメンタルトレーナーであり、実際の事例をもとに、具体的で実践的なアドバイスを提供している。

書籍「自分を守るために、ちょっとだけ言い返せるようになる本」でイラストが掲載されている様子


言われっぱなしで言い返せない人が、自分の心を守るために、ちょっとだけ言い返せるようになるために「無力化力」「カウンター力」「クッション力」の 3 点を戦略的に掲載されている。
また、書籍内ではイラストが多く取り入られており、文字同士の感覚が広いので読みやすい構成になっている。

自分を守るために、ちょっとだけ言い返せるようになる本

本体価格は税込 1,540 円で全 223 ページで構成されている。
第一刷発行は2023年06月07日である。

4.書籍「自分を守るために、ちょっとだけ言い返せるようになる本」の要点

書籍「Pythonによる機械学習入門」の要点としては、「悪口」「嫌味」「叱責」「パワハラ」「モラハラ」といった自分に対して投げかけられるコミュニケーションの悩みの解決の一助となる内容となっている。

本書は次の章で構成されている

  • 第 1 章:無力化力
  • 第 2 章:カウンター力
  • 第 3 章:ポーカーボイス
  • 第 4 章:クッション力

5.書籍「自分を守るために、ちょっとだけ言い返せるようになる本」の総評

書籍「自分を守るために、ちょっとだけ言い返せるようになる本」の総評としては、相手を言い負かすのではなく、自分の心を守るためにちょっとだけ言い返すのを目的にされている。



「無力化力」では攻撃を受けた時にたじろかないように予め準備するなど、15 の手法が掲載されており、攻撃されたときの対応方法や攻撃されにくくするように姿勢や日頃口にする言葉など予防線を張るのに役立つ。

「カウンター力」とはただ言葉受けるだけでなく、実際に言い返す 20 の手法が掲載されている、
相手との関係性を悪化させずに攻撃されにくくされるのに役立つ。

自分を守るために、ちょっとだけ言い返せるようになる本

「ポーカーボイス」では言い返す内容ではなく、どのように言い返すかを口調や態度が掲載され、「クッション力」とは攻撃に対して抵抗するのではなく対処療法が紹介されている。

書籍のタイトルにあるように言い返す内容が重点となっているが、そもそも攻撃されないように、攻撃されてもダメージを受けないような対処法があるため自身を変えてみたい人に向いている書籍である。

関連記事

コメントを残す