日産の純正ドラレコで利用できなかった microSD カードと購入時の注意点


[初回公開] 2021年11月16日

ドラレコで録画された映像は microSD カードに常に保存されるが、microSD の故障で書き込めなくなったり、映像を長期間保存したい場合にカードを買い替える際に、日産の純正ドラレコでは正常に動作せず利用できなかった製品と購入時の注意点について紹介する。

日産の純正ドラレコで利用できなかった microSD カードと購入時の注意点

1.日産の純正ドラレコで利用される microSD の特徴

日産の純正ドラレコは、日産独自に開発・製造されたものではなく、JVC ケンウッドの製品を自社製品(OEM)として取り扱われている。
例えば日産のドラレコ G20A0-C9980 は kenwood では DRV-N520 に該当し、仕様も同等となる。



そのため、ドラレコに適用する microSD を探す場合は日産の純正製品の仕様を確認するとともに、OEM 側の kenwood の方でも確認することができる。

ドラレコの取扱説明書には「本機に付属または純正の microSD メモリーカードを使用してください。」とあり、正規ディーラーで確認しても純正以外は利用できないとの回答があった。

2.ドラレコで利用できない microSD の特徴

ドラレコで利用できない microSD の特徴としては、ドラレコのレンズを通して常に多くの情報を録画し続けるために「読み書きの速度」と、車内が高温になりやすいので「耐久度」が劣っている場合の 2 点が挙げられる。

また、ドラレコ本体が古いと最新の microSD の形式に対応していないことがあり、これは「データ容量」が大きすぎるとカードを認識しない場合がある。

3.ドラレコ用の microSD を見分ける方法

ドラレコ用の microSD を見分ける方法は、microSD カードの「データの読み書き速度」と「耐久度」、そして「データ容量」の 3 点である。

3-1.データの読み書き速度

microSD カードなど小型のメモリはデータを読み書きする速度が設定されており、その度合いを「CLASS」で表記されている。
CLASS は 10 段階に分かれており、数値が小さい CLASS1 が速度が遅く、CLASS10 が最高速である。

また、CLASS の文字の後ろに付く数値は読み書きできるデータ量を示しており、例えば CLASS4 であれば 1 秒間に 4MB のデータサイズを読み書きできることを表している。



そのため、高画質で映像に残す必要があるドラレコにおいては、常に景色が変わり取り扱うデータ量が大きくなるため読み書きが早い CLASS10 の利用が推奨されている。

3-2.microSD の耐久度

microSD カードは電子回路を持つ精密機器のため、静電気や磁力といった電力的な要因の他に、高温多湿も動作に影響する。
安価な microSD カードは素材を簡素している傾向にあり、高温多湿に耐えうる素材を利用した製品は反対に高価になるが、ドラレコとして利用する場合は耐久度が求められる。

また、microSD の耐久度には「SLC」「MLC」「TLC」の 3 種類の規格が存在する。
SLS または MLC がドラレコに適しているがこれらはパッケージ等に表記されることが少ない。
そのため、製品を選択するときは「ドラレコ用」または「防犯カメラ用」の表記がある場合は SLS または MLC であると考えるとよい。

3-3.microSD のデータ容量

microSD カードには必ずデータ保存できる最大容量が表記されており、最近では 32GB から 64GB が主流である。
さらに、保存できるデータ容量が 4GB から 32GB までを microSDHC、32GB より大きい 64GB 以上を microSDXC と分類して呼んでいる。

一般的にドラレコを始め、デジカメやスマートフォンは 32GB 以下の microSDHC に対応していることが多いが、数年前の端末になると microSDHC に対応していない場合がある。

これは、近年の microSD カードの最大データサイズが大きくなるのが早く、microSD の進化にデジカメやスマホなど保存する機器の対応が追い付いていない状況が発生している。

そのため、microSD カードの購入時はデータサイズが大きいものを選ぶ前に、利用するドラレコが対応しているか説明書の仕様書欄で確認する必要がある。

4.microSD がドラレコで使えない場合の対応方法

microSD カードをドラレコ本体に挿し込んでも正常に動作しない場合の対応方法に「フォーマットタイプの変更」と「フォーマットする端末の変更」の 2 点が挙げれる。



これは、microSD を購入した時点(工場出荷状態)のデータの保存形式がドラレコに対応していないことがあり、フォーマットし直すことで利用できることがある。

4-1.microSD のフォーマットタイプを変更する

microSD カードにはデータを読み書きする形式が 2 つ存在しており、1 つのファイルサイズが 4GB まで扱える「FAT」と 4GB 以上のファイルサイズが取り扱うことができる「NTFS」がある。

最近ではデータサイズが 64GB の microSD は「FAT」の上位となる「exFAT」と呼ばれるフォーマットタイプも存在している。
一般的に 32GB の microSD カードは「FAT」で初期設定されていることが多いものの、稀に「NTFS」になっていることがあるため、パソコンを使って「FAT」でフォーマットするとドラレコで使えるようになることがある。

フォーマットタイプを変更するためにはパソコンに microSD カードを挿し込み、認識した microSD のドライブを右クリックして表示されるメニューより「フォーマット」を選択して実行する。

4-2.microSD をドラレコ本体でフォーマットする

ドラレコの中には microSD カードをフォーマット(初期化)する機能がある本体があり、microSD を指しても正常動作しない場合はドラレコ本体でフォーマットすると利用できるようになることがある。

前述したパソコンで「FAT」にするよりもドラレコ自体が利用に適したフォーマットを行うのでパソコンで行う前にドラコレでフォーマットすることをお勧めする。

5.日産の純正ドラレコで利用できなかった microSD カード

日産の純正ドラレコには 8GB のmicroSD カードが付属しているが、これ以外で市販されている microSD を挿し込んでも利用できなかった microSD カードが多く、次の通り紹介する。

5-1.I-O DATA の microSD

ドラレコで利用できなかった microSD の一つが I-O DATA の 32GB のカードである。
家電量販店のワゴンセールで 980 円で購入したもので安価ではあるが、データの読み書きの速度は CLASS4 のため常時録画のドラレコでの利用には懸念がある。

実際にドラレコに挿して利用すると本体はカードを認識するものの、約 10 分おきに「SD カードが初期化されていません」と音声が流れ、録画が中断される事象が発生した。

I-O DATA の microSD のパッケージ


録画が中断されてから数十秒から数分すると再度ドラレコ本体が microSD を認識して録画を再開するものの、また不定期に録画が中断されるため、事故等で録画データが必要なときに録画できていない問題が生じるためドラレコでの利用には向いていない。

5-2.Transcend の microSD

次にドラレコで利用できなかった microSD の一つが Transcend の 64GB のカードである。
インターネットで 2,000 円弱で購入購入したもので、データの読み書き速度は最高の CLASS10 である。
製品には「High Endurance」の文字が印字されており、メーカーもドラレコ、防犯カメラ用としての利用が謳われている。

Transcend の microSD のパッケージ
Transcend 高耐久 microSDカード 64GB UHS-I U1 Class10 ドライブレコーダー セキュリティカメラ用
Transcend の microSD を拡大した様子

しかし、ドラレコに挿して利用すると「不明な SD カードです」と音声が流れてドラレコ本体が microSD が認識できないとともに録画もできない状態となるため全く利用できない。

データサイズが 64GB と大きかったため、パソコンでフォーマットタイプを確認すると「exFAT」と表示された。
これを「FAT」にフォーマットしたものの状態は改善されず、ドラレコの仕様を確認すると対応 microSD が microSDHC としか記載がなかったので大きい容量の microSD に対応していないのが原因と考えられる。

5-3.SanDisk の HIGH ENDURANCE microSD

続いてドラレコで利用できなかった microSD の一つが SanDisk の 32GB のカードである。
インターネットで 1,600 円ほどで購入したもので、データの読み書き速度は最高の CLASS10 である。
製品には「HIGH ENDURANCE」の文字が印字されている。

SanDisk の microSD のパッケージ
SanDisk の microSD を拡大した様子


ドラレコに挿して利用すると本体はカードを認識し、調子が良いと 60 分以上は正常に動作するが、調子が悪いと 10 分ほどで「SD カードが初期化されていません」と音声が流れ、録画が中断される事象が発生する。
安定して利用できないため、この microSD カードもドラレコの利用には不向きである。

5-4.ELECOM のドラレコ用 microSD

続いてドラレコで利用できなかった microSD の一つが ELECOM の 32GB のカードである。
家電量販店で 4,600 円ほどで購入したもので、データの読み書き速度は最高の CLASS10 である。
製品パッケージには耐温度と高耐久などの文字があり、ドラレコでの利用が想定されたものである。

ELECOM の microSD のパッケージ

残念ながらこの製品もドラレコ本体に挿し込んで数分もしない内に「microSD カードにエラーが発生しました」と音声が流れ、再認識しない状態になってしまう。

6.日産の純正ドラレコで利用できる microSD

現時点で日産の純正ドラレコで利用できる microSD は市販製品の中には存在しない。
ディーラー購入時に付属している 8GB の microSD カードだけが唯一正常に動作するのが確認できている。

尚、ディーラーで同じ 8GB の microSD カードを購入すると約 9,000 円、16GB になると 16,000 円となり高価である。

関連記事

コメントを残す