Excelで複数のセルを一括で選択する方法 – Officeソフトの使い方(17)


[初回公開] 2018年09月05日

Excel で複数のセルを選択する場合に、通常であればキーボードの Shift キーを押しながらマウスなどで選択するセルの幅を広げていくが、範囲が広いと操作が大変なので一括で複数のセルを選択する方法について紹介する。

Excelで複数のセルを一括で選択する方法 - Officeソフトの使い方(17)

1.Excel で複数セルを選択する利用シーン

Excel で複数セルを選択する利用シーンとしては、セルに入力されている値や文字列をまとめてコピー&ペーストしたり、クリアしたい場合に利用される。
コピー時はセルに設定している背景色やフォントも含むため、位置を変えたい場合は他のシートに移したい場合に重宝する。

また、Excel の行と列ごとコピーするのと異なり、複数のセルを選択することで必要な箇所だけ操作できる利点がある。

2.Excel の一般的な複数セルの選択方法

Excel の一般的な複数セルの選択方法は、コピーしたいセルにカーソルが合った状態でキーボードの Shift キーを押しながら上下左右の方向キーを押すと、複数のセルが選択状態となる。

Shift キーを押しながら上下左右の方向キーを押す

選択したいセルの数だけ方向キーを押す必要があるが、マウスで複数選択する場合と違い、セルの幅が小さくさくマウスでクリックしづらい時や反対にセルが大きすぎて画面スクロールが必要な時に選択しやすい方法である。

3.マウスで始点と終点を指定して複数セルを選択する方法

マウスで始点と終点を指定して複数セルを選択する方法とは、まず選択したいセルの開始位置(始点)にカーソルを合わせる。
下図ではセル A1 にカーソルが当たっている様子である。

開始位置(始点)にカーソルを合わせる

次に、複数セルを選択したい最終のセル(終点)をキーボードの Shift キーを押しながらマウスでクリックすると始点から終点までのセルが一括で選択される。
下図では終点として F14 を Shift キーを押しながらクリックしたので始点となる A1 から F14 までの範囲でセルが選択されているのがわかる。

セルを一括で複数選択した様子

方向キーでセルを一つずつ選択するのと違い、広範囲に渡りすぐに複数セルを選択できるとともに、マウス操作のため操作も非常に簡単なのが特徴である。

4.セルの位置を指定して複数セルを選択する方法

セルの位置を指定して複数セルを選択する方法とは、選択したい範囲の最終のセル(終点)の位置を記入して選択する方法である。
まず、下図のように複数選択したいセルの開始位置(始点)にカーソルを合わせた状態とする。

セルの開始位置にカーソルがある状態

次に、キーボードの F5 キーを押してウィンドウ「ジャンプ」を表示させる。
表示されたウィンドウの中にある「参照先」に選択したいセルの最終地点を入力する。
今回は、B1 から F14 までを選択するために、始点の B1 にカーソルがある状態で F14 を入力する。

セルの最終位置を入力

最後にウィンドウ下部にあるボタン「OK」をキーボードの Shift キーを押しながらクリックすると、複数のセルが一括で選択できる。

セルが一括選択された様子

前述の方向キーとマウス操作でのセルの複数選択に比べると操作手順が複雑だが、画面外のスクロールしなければ表示されないセルまで選択されるので、より広範囲に選択したい場合に利用される。

関連記事

コメントを残す