Excel で大文字混じりの文字列を小文字に統一する方法 – Officeソフトの使い方(18)


[初回公開] 2018年10月22日

Excel はセルに入力したデータを集計したり抽出する他に、検索したり一括置換とさまざまなデータ操作が可能だが、セルに自由にデータを入力できるため入力者は同じ意味で登録してもデータとは別物と認識されるため、データを統一する一例として大文字混じりの文字列を小文字に統一する方法を紹介する。

Excel で大文字混じりの文字列を小文字に統一する方法 - Officeソフトの使い方(18)

1.Excel で同じ意味でも違うデータと見なされる例

Excel で同じ意味でも違うデータと見なされる例としてよく挙げられるのが「全角と半角」の違いと「大文字と小文字」の違いである。
前者の「全角と半角」の違いは、下記のようにソフト名の『エクセル』を意味しているものの、上側は大文字に、下側は半角になっていることで Excel は別のデータと認識してしまう。

Excel
Excel

次に後者の「大文字と小文字」の違いは先ほどと同じようにソフト名の『エクセル』を意味しているものの、上側の頭文字は大文字になっているだけで Excel では別のデータと認識する。

Excel
excel



2.同じ意味でも違うデータと見なされることの問題点

前述のように同じ『エクセル』という意味でも違うデータと見なされることの問題点としては、集計や検索時に該当しないデータが出てくることである。

例えば成績表や社員名簿など氏名を Excel で管理している場合に「山田太郎」と「山田 太郎」のように姓と名の間にスペースが有るのと無いとのでは違うデータと見なされるため、「山田太郎」で検索した場合は後者はヒットしなくなる。

そのため、Excel にデータ入力する場合は「姓名の間はスペースを入れない」「「英単語は全て小文字半角で入力する」といったルールを設けて運用するとよい。

残念ながら既に Excel にデータが入っており、一つずつ修正が大変な場合は Excel の関数で一括で統一する方法がある。
統一する方法の中から、大文字混じりの文字列を小文字に統一したい場合は次の手順となる。

3.大文字混じりの文字列を小文字に統一する方法

大文字混じりの文字列を小文字に統一する方法は、Excel に用意されている関数を利用する。
既にデータが入っているセルは残しつつ、新たに統一後のセルを用意する。

3-1.大文字混じりの文字列の様子

大文字混じりの文字列とは、下図のように「Excel」や「Word」といった英単語の頭文字が大文字になっているものである。
英語の文法上は問題無いが、Excel 内では「Excel」と「excel」では同一でないため、統一したほうがよい。

大文字混じりの文字列の様子


今回の大文字混じりを全て小文字にするにあたり、図のように全角文字とスペースが入っていても英字だけ変換が可能である。

3-2.小文字に統一する関数を入力する

大文字混じりの文字列を小文字にする場合は Excel に用意されている関数「LOWER」を利用する。
空いているセルを選択して次のように関数と変換したいセルの位置を指定することで、小文字に統一された文字列となる。

=LOWER(セルの位置)

LOWER 関数で小文字に統一した様子

上図では変換前のセルは B2 にあるため、関数「LOWER」の () 内のセルの位置として B2 を指定している。。

もし B 列に複数のデータがあれば関数「LOWER」を入力した後にセルをコピー&ペーストするだけで小文字に統一したデータが出来上がる。
小文字に変換できた後は、D 列全てを選択して B 列に対して「値だけ貼り付け」を行うと関数「LOWER」ではなく、変換後の文字データとしてセルに登録される。

関連記事

コメントを残す