【ポイントが増えた】PayPay ボーナス運用でポイントに利息を付けて増やす方法

物価が上昇しても給与は上がる傾向になく、銀行に預金しても利息がほとんどつかない状況で堅実に収入を増やすためには実労働する他に資産運用する手段があり、株と違い大金が無くても日頃使っている電子マネーでも運用できる PayPay ボーナス運用の始め方と実際にどれだけ増えたかを紹介する。

【ポイントが増えた】PayPay ボーナス運用でポイントに利息を付けて増やす方法

1.老後や天災被害でも安心に暮らすための資産運用

2000 年に入る頃から老後に入る年金は少なくなり始め、その後、各地で見舞われた地震や洪水、コロナウィルスなど天災被害により職を失い、老後を迎える前の生活も危ぶまれている。
将来の老後と明日にでも突如生活が一変しても生活費に困らないように日頃からの貯蓄が大切だが、貯蓄だけでは増え幅に限界があるため少しでも増やすために資産運用が注目されている。



資産運用の代表格は銀行の定期貯金である。
定期貯金はは自由に引き下ろせない代わりに通常貯金よりも高い利息が支払われ、預けた金額が減るリスクが無く堅実である。

しかし、今や定期貯金の利息も下がってきている中で、対して損失するリスクもあるが高いリターンが見込める株や外貨運用を行う人も少なくない。

最近ではコンビニやショッピングで貯まるポイントを資産運用できるサービスが出てきており、それらのサービスの一つである「PayPay ボーナス運用」を実際に使い始めて増える様子などが次の通りである。

2.PayPay ボーナス運用とは

PayPay ボーナス運用とは電子マネー決済の PayPay が運用する資産運用のサービスである。
PayPay の画面を開くと決済を行うバーコード表示以外にさまざまな機能やサービスが備わっており、PayPay ボーナス運用のその一つとなる。

PayPay ボーナス運用で資産が増えた様子

上図は PayPay ボーナス運用で実際に資産が増えた様子で、PayPay アプリの画面内で投入した資金に対して運用損益の額とグラフで資産の増減を確認することができる。



また、PayPay ボーナス運用は直接金額を投入することはできず、PayPay 利用時にキャッシュバックされるポイント(PayPay ボーナス)のみが運用に回せる。
そのため、キャッシュバックされる PayPay ボーナスを残高に加算している人は設定変更する必要がある。

3.PayPay ボーナスの始める方法

PayPay ボーナスを始めるためには、スマホアプリの PayPay を起動して表示される画面または機能一覧にある「ボーナス運用」をタップする。

「ボーナス運用」をタップ

「ボーナス運用」をタップすると下図のようにボーナス運用の紹介が表示されるので、画面下部の「上記に同意して続ける」をタップする。

「上記に同意して続ける」をタップ

次に注意事項が表示されるのでよく内容を確認し、「注意事項を確認しました」にチェックを入れてその下にあるボタン「確認しました」をタップする。

ボタン「確認しました」をタップ


最後に下図のように PayPay ボーナスの自動追加設定を促す画面が表示される。
自動設定にしておくと、PayPay で支払いを行い後日振り込まれるポイントがそのまま資産運用に回るようになる。

ボタン「閉じる」をタップ

今回は一定金額を入金してどれだけ増えるかを確認したいために自動追加の設定は行わずにボタン「閉じる」をタップする。
尚、自動設定は後から変更することが可能である。

ここまでで PayPay ボーナス運用が利用できる状態になったので、次は運用コースを選択して資金を入金する。

しかし、前述の通り PayPay ボーナスは現金をチャージした残高では運用できず、支払い時のキャッシュバックされたポイントでしか運用できない。
そのため、下図のように残高とは別に PayPay ボーナスが貯まるまでは実際の運用はできない点に注意が必要である。

ボーナス運用には PayPay ボーナスを貯める

4.PayPay ボーナスに資金を入金する方法

PayPay ボーナスに資金を入金するためには、用意されている 3 種類の運用コースを選択する必要がある。
増える量が多いがリスクも高い「テクノロジーコース」と「チャレンジコース」、そして増える量は少ないがリスクも少ない「スタンダードコース」である。

PayPay ボーナス運用の画面を開くと次の内容が表示されるため、ボタン「ボーナス運用をはじめる」をタップしてコースを選択する。

ボタン「ボーナス運用をはじめる」をタップ


次の画面では各運用コースの損益グラフが表示されるので、自身にあったプランを参考にするとよい。
その画面上部にあるボタン「運用する」をタップする。

ボタン「運用する」をタップ

今回はリスクを低いものを選択したいため「スタンダードコース」をタップする。

ボタン「スタンダードコース」をタップ

次に実際に資産運用する金額を入力して入金する。
下図では PayPay ボーナスが 90 あるため、金額入力欄に任意の額を入れるか、ボタン「全額追加する」または「半額追加する」をタップして最後にボタン「追加する」を押す。

入金額を指定して「追加する」をタップ

もしこの時、PayPay ボーナスが「貯まる」の設定になっている場合は「支払いに使う」に変更する必要があり下図の画面が表示されるので「支払いに使うへ変更する」をタップする。

「支払いに使うへ変更する」をタップ


入金する額を入れてボタン「追加する」をタップすると下図の確認画面が表示されるので再度ボタン「追加する」をタップする。

確認画面のボタン「追加する」をタップ

最後に下図の入金完了の画面が表示されれば、資産運用の開始となる。
後はこのまま時間経過とともに市場の動向により入金額に応じて資産が増減する。

PayPay ボーナス運用の開始

また、新たに PayPay の支払いでキャッシュバックされるボーナスポイントが付与されれば、追加で入金したり、違うコースで並行して運用することが可能になる。

注意点としては、運用コースに入金する際にポイントを「支払いに使う」に変更しているので、PayPay ボーナスを「貯める」に変更を元に戻しておく必要がある。

5.PayPay ボーナスの資産を確認する方法

PayPay ボーナスの資産を確認する方法は、 PayPay を起動して「ボーナス運用」をタップするだけでよい。
下図のように投入した資金額と、増減額が表示される。

PayPay ボーナスで運用状況の様子


「今までの運用損益」が +2 円になっているので、2 ポイント増えたことになる。
この時点で全額引き出すと 92 円分の支払いに利用できる。

6.PayPay ボーナスで資産を増やした結果

PayPay ボーナスの「スタンダードコース」で資産運用を 90 円で開始して 4 日で +2 円になった。
この記事を書いている 03 月 29 日時点ではさらに増えて +12 円になり、それまで下がった痕跡がないのでリスクは少ない分、堅実に増やせている。

チャージで資金を増額できないので投入する金額も地道ではあるが、100 円ほどが半月で約 10 円分増えるのでキャッシュバックされたポイントをすぐ使う必要が無ければ、ボーナス運用に回すのもよいと考える。

関連記事

コメントを残す